海外在住者が行った!日本での入籍手続きまとめ

カナダ生活

今日はわたしが日本で行った、入籍の手続きについて綴っていこうと思います。

実際に、わたしも入籍前に手続きについて色々と検索していたんですが、なかなか自分と同じような境遇での入籍パターンがなくて困ったので、今回記事に残すことに決めました!

入籍してすぐに海外に住むことになる人の参考になればいいなと思います。

スポンサーリンク

わたしと夫のケース

– お互い日本人
– カナダから日本に一時帰国して入籍
– 入籍は夫の本籍地で行う(わたしと夫の本籍地は異なる)
– 入籍後もカナダでの生活
ちなみにわたしは8/27に日本で入籍・9/13にはカナダに戻る予定だったので、スーパー急ぎで手続きをしました!(笑)
今から紹介する手続きは、そのスーパー急ぎの中で行った流れになるので、時間がある方はもっとゆっくり行ってもらって大丈夫です・・・。(笑)
スポンサーリンク

入籍前にした手続き

① 住民票がある役所で転出届を出す
② 本籍地に出向いて戸籍謄本の入手

わたしのように、自分の本籍地じゃない場所で婚姻届を出す場合は、戸籍謄本を婚姻届と一緒に提出する必要があります。

わたしは親が転勤族だったこともあり、本籍地と住民票がある県がバラバラで少し苦労しました・・・。

やむを得ない事情がない限りは、本籍地と住民票は同じ県においておく方がいいかな〜と思います!

スポンサーリンク

入籍とそのあとの手続き

①婚姻届と戸籍謄本の提出

記入漏れがないか確認して婚姻届を出します。この時に事前に用意していた戸籍謄本も提出しますよ〜!

②婚姻届受理証明書をもらう

わたしは婚姻届受理証明書を2部もらっておきました。(1つはパスポートの変更手続き用、もう1つはカナダ入国時の備えとして)

婚姻届を出す時に、役所の方に尋ねたら頂けました!1通350円で発行してくれます。

③転入届提出&新しい戸籍謄本の手続き

そのあと転入届をすぐ出します。そしてパスポートの変更用に新しい戸籍謄本の入手手続きをしておきます!これも2部ほど申請したと思います。

入籍後の新しい戸籍謄本は、早くても受け取りまでに1週間程度かかるそうなので急いでる方はお早めに!

④パスポートの変更申請

わたしは入籍の2週間後にはカナダに戻る予定だったので、婚姻届を出してすぐにパスポートの変更にいきました。(同日)

わたしは元々のパスポートの有効期限が2027年まで残っていたので【記載事項変更旅券発給申請】の手続きをしました!記載事項変更旅券発給申請の手数用は6000円でした。

ここで1つ落とし穴が。

パスポートの手続きには戸籍謄本が必要です。しかし、入籍後の新しい戸籍謄本は早くても1週間後にしかできない為、わたしの場合はそれを待っているとカナダに戻る日に間に合わない〜!という事態に。

そこで戸籍謄本の変わりに提出したのが、”婚姻届受理証明書”です!これで無事にパスポートの変更申請ができました。
※婚姻届受理証明書を利用してパスポートの更新手続きをするには、パスポートが出来上がった際に入籍後の新しい戸籍謄本を渡すことが条件になります。詳しくはお近くの役所にお問い合わせください・・・!

ちなみに

記載事項変更旅券発給申請は、申請してから受け取りまでに約1週間ほどかかる上に、受け取る際には新しい戸籍謄本と交換する必要があります。しかし、新しい戸籍謄本が出来上がるのも1週間後。ハイパー急ぎモードのわたしはそんなに待ってられない!ということで・・・

結局、役所に無理を言って、新しい戸籍謄本を約3日で準備してもらいました。

たまたま旅券センターでわたしを担当してくれた方が親切な方で、急いでる事情を説明すると、「急かせば戸籍謄本出してくれるから、役所に電話してみて!」と、アドバイスをもらいました。(笑)

本当に急な場合はダメ元でお願いしてみるのもいいと思います!わたしのように成功するかも・・・(笑)

⑤婚姻届受理証明書を自分で翻訳

カナダ入国の際の備えとして、婚姻届受理証明書は英文にする必要がありました。しかし、英文の婚姻届受理証明書は役所では発行してもらうことができないので、自分で翻訳してそれをまた役所に持っていきます!

そしてその後に、役所側の確認と区長さんの判子をもらう必要があります。(これも受取まで1週間ほどかかります。)

流れとしては、婚姻届受理証明書をもらったその日に翻訳した文書を作り、次の日に役所に持っていきました!

※役所によっては役所側が翻訳してくれることもあるみたいです。これも事前にお近くの役所にお問い合わせください〜!

⑥海外転出届を出し住民票を抜く

これは婚姻届を出した日とは違う日に役所に行き、手続きします。(転入届を出してすぐには海外転出届を出すことはできないようです。)

※住民票を抜かないでいると住民税と年金の支払いが義務のままになります。

ちなみに私たち夫婦は、住民票を抜いて日本の年金は支払わないことにしました。代わりにカナダの年金を今は支払っています。

⑦マイナンバーカードの変更

海外転出届を出した日に一緒にマイナンバーカードの記載事項変更を行います。これは、相性番号を機械に入力したらすぐに終わりました!

姓の変更と海外転出届けを出したことをマイナンバーカードに記載することになるので、この手続きは1番最後にするのがおすすめです。

⑧名義変更と印鑑登録

わたしはすぐカナダに戻る予定だったので印鑑登録等の手続きはしませんでした。そして運転免許は持ってないので変更せずに済みました…!

スポンサーリンク

まとめ

さて、ざっと入籍の手続きはこんなかんじでした!本当に今まで21年間、こういう役所関連のことは親に任せっきりだったので本当に苦労しました(笑)

少しでも参考になっていたら幸いです。ただ、役所によって対応が異なるそうなので、心配事があれば事前に電話で問い合わせるのが確実かと思います!

最後まで読んでいただいてありがとうございました〜!今日はこのあたりで終わりにしたいと思います。また次の更新で会いましょう〜!

カナダ生活
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Avatar

1997年生まれ・カナダ生活3年目です。
バンクーバーに約2年住んだ後、2018年の夏にトロントに引っ越し。
(バンクーバーでは大学に交換留学・ワーホリ済み)

現在トロントで夫とゆる〜く生活しています☺️
韓国のソウルにも留学していました。
質問や記事のリクエストがあれば、お問い合わせフォームから送信お願いします♩

シェアする
おさかなぶろぐ in カナダ

コメント

タイトルとURLをコピーしました