プロフィール

こんにちは:)この記事では、簡単にですがわたしについて書いて行こうと思います。カナダに来ることになった経緯などなど。

基本的な自己紹介

  • 兵庫県出身の名古屋育ち
  • 好きなものは美味しいご飯と化粧品とアニメ
  • 使える言語は日本語と英語と韓国語

カナダ暮らしになった経緯

2016年〜バンクーバーに交換留学

遡ること中学生、その頃からKPOPにどハマりして韓国語の独学を開始。高校生の頃に、韓国へ単身留学しに行っていたほど韓国が好きでした。その後も、全ては韓国に行けるかどうかが自分の進路決定の物差しとなっていて、韓国に留学するためにとある短期大学に入学。しかし、大学1年にして韓国熱が落ち着いてきてしまい、韓国留学をするのをやめてフラフラとしていました。

そんな時に、参加していたゼミの関係で半ば強制的に受けさせられた『バンクーバーへの交換留学生試験』の結果がなんと合格判定に。

辞退することもできず、言われるがままに大学2年の夏から約1ターム、バンクーバーにあるCapilano Universityに留学することになりました。 そしてバンクーバーにも慣れて来た秋頃に、カフェでたまたま出会った日本人の方と話しかけられて、仲良くなりました:)

そしてその人がのちの彼氏/夫となる人になって、わたしの人生の舞台がカナダになりました。笑

2016年の年末には交換留学が終了し、日本へ帰国。この時わたしは彼と付き合っている状態だったので、日本とカナダの約8000kmの超遠距離恋愛が始まりました<3

2017年〜バンクーバーにワーホリ

帰国し短期大学を卒業後、進路に悩んだわたしはワーキングホリデービザを取って再びバンクーバーに戻ることにしました。

二十歳で就職もせずにワーホリと聞くと、自分のことながら後さき考えていないというか、自由奔放だな…と思います。高校生の頃も一人で韓国に入り浸っていましたが、快く送り出してくれていた親には感謝です。

ちなみにワーホリを選んだ理由は、付き合っていた彼(現:夫)と一緒に居たかったからです。本当に今思うと「若いな〜」の一言です、若いからこそできた決断でした。笑

ワーホリの1年間は、彼と彼の友人2人と一緒に暮らしていました:) 途中から突然転がり込んだのにも関わらず、彼の友人達も本当に良くしてくれて、今でも4人の生活を思い出しては楽しかったな〜としみじみしてます。

ワーホリの間の仕事は、レストランでサーバーをしていました<3

2018年6月にトロントに引っ越し

彼の大学卒業と同時に、バンクーバーからトロントに一緒に引っ越すことを決めました。ただわたしのワーホリビザが2018年7月に失効予定だったので、彼と日本に一時帰国してそのタイミングで入籍しました。

入籍した当時、わたしは21歳で彼は23歳でした。本当にやることが突拍子もないというか、なんというか…両家の親もよく許したな〜と思います。(笑)

そんなこんなで、あっと言うまに時が経って今に至るといった感じです。

これからのこと

2020年の今年は、まず永住権を取る予定です:)カナダに永住するのか、はたまたどこか違う国に行くのかはまだ決めていませんが、1日1日を大事に生きていこうと思います。

このブログではカナダ生活のこと、永住権のことをいろいろ書いていくつもりです<3

追記:2021年1月にカナダ永住権を取得しました!:)

おしまい

本当に簡単にですがわたしがカナダ暮らしになった経緯についてまとめさせていただきました。よかったら他の記事もお目を通してもらえると幸いです:-) それではでは。